トラブルを防ぐための、契約時に注意すべきポイント【チェック6項目】

急ぎの仕事で、契約書がないまま仕事を受けることがありますが、なんだか不安です。

トラブルを防ぐための契約上の注意について教えてください。

→こうした質問にお答えします。

口頭での受注や、契約書なしの追加発注などは、トラブルのもととなります。

契約締結や契約履行の注意点をアドバイスします。

ナカムラリョウ

1.契約書作成上のチェック6項目

まず口頭のみの受注は極力さけ契約書をかわした後に、仕事に着手することを原則としたいです。

ただ急ぐ仕事の引き合いがあり、正式な契約書を交わす時間的な余裕はないけど、どうしても受注したい場合なんかもあるでしょう。

ただこんなときでも、相手先担当者がサインあるいは記名、押印した書面をFAXやメールで送信してもらうなどした方が、口頭のみで証拠がないまま受注するよりはいいので、心がけましょう。

 

契約書を作成するときの、具体的なチェック6項目について確認します。

ナカムラリョウ

1−1 契約名義

相手先の契約名義が、権限を持った人(代表取締役、支店長、支配人など)になっていますか?

権限のない人の名義は、無効となってしまいます。

1−2 印鑑の有効性

押してある印鑑は有効なものですか?

とくに多額の契約は、印鑑証明書を添付してもらいましょう。それができなければ、従来と同じ印鑑で押印されているかを確認しましょう。

 

1−3 要件の明確さ

商品の名称・型式・仕様などが明確に記載されており、商品代金が記入されていますか?

金額欄が空白の契約書には、間違っても押印してはいけません

 

1−4 履行可能な契約

商品の引き渡し時期などに、無理はないですか?

天変地異や極端な悪天候の場合は、契約履行が遅滞した場合の免責条文があることが望ましいです。

 

1−5 支払い方法

商品代金の支払時期、現金支払か手形支払(サイトも含む)か、などが明記されていますか?

お金の受け取り方について、はっきりしておきましょう。

1−6 不利な契約内容

相手先に著しく有利な契約解除条項はありませんか?

自分が不利にならないような、対等な契約を結びたいですね。

 


契約書の作成上の注意点として、これらの6項目を確認してみてください。

もしこれらの内容に不安がある場合は、いちど法律専門家のチェックを受けてみましょう。

スポンサーリンク

2.契約の履行に関するアドバイス

つぎに、契約したあとについての留意点です。

契約書または、それに準じる書面がない場合は、商品代金の減額・未払いなど契約履行に関してトラブルがおきることがあります。
また、追加の依頼に口頭で応じてしまい、あとで回収ができない場合もあります。

このようなときは、見積書、納品に関する書類など、証拠力があるものを揃えて、契約先との交渉により商品代金の交渉に努めるほかありません。

でも、必ずしもこの方法が決め手になるとは言えません。
もしトラブルが生じた場合には、法律の専門家に相談しましょう。

3.下請取引

仕事を依頼する側の「親事業者」が、下請事業者よりも優位な立場にあることがよくあります。

その優位な立場を利用して不当な取引が行われないように下請代金支払遅延等防止法」というのが定められています。

この法律では、次のような親事業者の義務と、禁止事項が定められています。

親事業者の義務

a.書面交付の義務

b.書面の作成・保存の義務

c.支払期日を定める義務

d.遅延利息の支払いの義務

親事業者の禁止事項

a.受領拒否の禁止

b.下請代金の支払遅延の禁止

c.下請代金の減額の禁止

d.不当返品の禁止

e.買い叩きの禁止

f.購入利用強制の禁止

g.報復措置の禁止

h.有償支給原料等の対価の早期決済の禁止

i.割引困難な手形の交付の禁止

j.不当な経済上の利益の提供の禁止

k.不当な給付内容の変更および不当なやり直しの禁止

この法律の詳しい内容は「中小企業庁」のホームページで確認しましょう。

4.トラブル時の相談先

トラブルが起きてしまった場合に、具体的な解決をおこなう専門家は弁護士です。

国が設立した、法的トラブルの総合案内所「法テラス」で、無料相談が活用できます。

また下請問題に特化し、匿名でも相談できる相談窓口「下請け駆け込み寺」というものも用意されています。

 

トラブルがおきたときは、こうした制度をうまく利用して、トラブルの解決に努めましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

法律問題の相談窓口はいくつかありますが、いちばん良いのはしっかりとした契約書を結び、トラブルに至らないことです。

不安がある場合は、法律の専門家によるチェックを活用するのが確実です。

ナカムラリョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です