【決定版】増え続けるパスワードは作り方を変えて解決!【管理方法】

パスワードの管理方法を知りたい。いろんなサイトに登録しているけど、パスワードを使いまわしするのはちょっと心配
でも新たに作るとパスワードがどんどん増えていくパスワード管理のためのよい方法を知りたい。

→そんなお悩みにお答えします。

インターネット歴20年で、パスワード管理に困ったことがない、おすすめの方法です。

ナカムラリョウ

パスワードのおすすめ管理方法

1 コアキーワードを決める

まず「コアキーワード」を決めます。
このキーワードが全てのパスワードに共通する「キーワード」になります。

コアキーワードは「数字とアルファベット(小文字のみ)」で構成された8文字程度のワードが望ましいです。

数字とアルファベット(小文字)のみで構成された8文字



コアキーワードは覚えておく必要があるので、わかりやすいフレーズで構いません。
ただし誕生日・名前などご自身に密接に関係のあるワード避けたほうがよいです。

よい例:「kin29man」「417ringo」「結婚記念日+式場の名前」など

 

2 実際につかうパスワードの決め方

実際にサイトごとに作るパスワードのルールです。
パスワードは「サイト名+コアパスワード」に設定します。

このとき、サイト名は「コアパスワード」の前に大文字で追加したものを設定します。

サイトパスワード=「サイト名大文字(一部)+コアパスワード」

サイト例 パスワード例
(例)Google 「GOOGLE+コアパスワード」「G+コアパスワード」など
(例)Facebook 「FACEBOOK+コアパスワード」「FB+コアパスワード」など

コアパスワードの後に追加すると、サイトによってはパスワードの文字数に制限があるため、他のサイトとパスワードが重複してしまい安全性が下がります


また「大文字の入ったパスワード」を要求されるサイトも多くあるため、大文字で入力するとよいでしょう。

3 パスワードは控えない・なるべく変更しない

上記のルールさえ守っていれば、パスワードは一切控える必要がありません。

何らかの事情でパスワードを控えておく必要が出てきた場合は、以下のように各サイト毎に追加したワードのみを控えるだけで結構です。

サイト キーワード
(例)Google 「GOOGLE」「G」など
(例)Facebook 「FACEBOOK」「FB」など

またサイトによっては定期的にパスワードの変更を促されますが、定期的な変更は「不要」というのが現在主流の考え方であり、このルールを崩すことになりますので、変更はおすすめしません

 

たったこれだけの作り方の工夫で、パスワード管理の悩みから解放される、おすすめの管理方法です。

ナカムラリョウ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です