コンプレックスがいつしか武器になり、人の役に立てるようになった話【プロフィール】

転職を重ねまくってルートから外れ、ニートも経験。
一度人生あきらめましたが、生きる意味を模索しまくった結果、人の役に立てる今の自分にたどりつきました。

こんにちは。
ビジネスコンサルタントのナカムラリョウです。

現在、起業・創業・独立を目指している人や、中小企業経営者に向けたコンサルタントを本業にしています。

今でこそ、行政や金融機関などもお客さんとして抱え、他の方にさまざまなアドバイスをしながら生計を立てていますが、ここに至るまでには、いろんな道のりがありました。

大学時代〜ホームシックと無気力状態

地方都市に住んでいた僕は、18歳ではじめて上京。

何事にも自信がなく、それでいて見栄を張りながら生きてきた自分は、大都会に圧倒されホームシックに。

 

家から出るのもおっくうになり、やる気がなく、無気力状態。ほんの少しのアルバイトと家の往復で、学校もろくにいかずに留年します。

就職氷河期〜氷河期とは知らず、すぐに退職

大学を卒業したのは2001年。

就職活動にも無気力で、大学の掲示板に張ってあった企業を見て、推薦状をもらい、なんとなく応募、内定。

 

いわゆる就職氷河期と言われる時期で、周りは就職のために留年する友人などもいましたが、ろくに就職活動もせず就職先が決まりました。

それにも関わらず、せっかく入った会社を1年ほどですぐやめます

わりと大きい規模の会社だったのですが、大きな組織の中でちっぽけな自分の存在意義を見出せませんでした。

自分の居場所探し〜挫折の日々

それからというもの、転職を重ねさまざまな仕事(アルバイト含む)を経験しては挫折、ニートの時期もありながら、ひたすら自分の居場所探しと、生きる意味の模索を繰り返してきました。

その頃経験した仕事(バイト含む)
  • TVCM製作会社2社
  • 自動販売機ルートセールス
  • 交通警備員
  • コンビニ
  • ガソリンスタンド
  • 建築設計事務所
  • タクシー車内広告ベンチャー(のちに倒産)
  • ひたすらお米を炊く工場
  • など

他にも10社以上の会社に履歴書を送り、途中で地元に戻って5年くらいこうした生活を続けましたが、結局…

自分の居場所はどこにもない。自分の充実と、お金を稼ぐことは両立しない。生きていくためには割り切らなくてはいけない、あきらめよう。

と思うようになりました。

その頃タイミングよく、経営がしっかりしていて、福利厚生も充実している会社に潜り込むことができ、自分の居場所探しはやめ、その会社で落ち着くことに決めました。

経営の勉強〜独立の意識が芽生える


その会社には8年ほどいました。
世間一般にみると、そこそこ恵まれた会社だったと思います。

でも、まだまだ長い人生。自分の時間の大半をそこに捧げたくない、という気持ちがどうしても残りました。

そうこうしているうちに、

これまでに自分が働いてきたさまざまな会社、なにかしっくりこない。果たして経営ってこういうもんなんだろうか?企業経営についてもっと勉強したい。

という気持ちが芽生え、中小企業診断士という資格に出会います。

資格を取得するため、通勤時や土日の時間を勉強に費やし、足掛け3年ほどで合格。経営の基礎知識が身についたとともに、独立開業を目指すきっかけとなりました。

独立してから〜コンプレックスが武器に

独立してからも、はじめは苦しい毎日でした。毎月決まった給料が入ってこない生活は、不安で仕方ありませんでした。

ただここで「ルートから外れたと思われたこれまでの生き方」が、すごく役に立ってきます。

コンサルタントは完全な実力勝負の世界ですが、さまざまな職を転々としてきたことで、たとえ自分がわからない業種・業務であっても、これまでの自分の職歴の中のどこかに必ず似たような経験があったのです。

以前はたくさん転職を重ねてきたことがコンプレックスになっていましたが、この「似たような経験をたくさんしたことがある」というのが武器自信となって、次々と実績を積んでいくことができました。

おもな公職
  • 中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業(ミラサポ) 登録専門家 -2013年〜 中小企業庁・株式会社パソナ
  • 地域活性化支援アドバイザー -2013年〜 独立行政法人中小企業基盤整備機構機構
  • よろず支援拠点事業 コーディネーター -2014年〜2016年 中小企業庁・公益財団法人北海道中小企業総合支援センター
  • 商店街よろず相談アドバイザー -2014年〜 株式会社全国商店街支援センター
  • 北海道女性起業家支援ネットワーク事業 構成機関 -2017年〜 公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会
  • 旭川しんきん創業アワード 審査員 -2017年〜 旭川信用金庫

そして現在は金融機関や行政などもお客さんに抱え、年間200名ほどの起業・経営相談10社ほどのコンサルティング20回ほどのセミナーをしています。

日本経済新聞に取り上げてもらったこともありました。

そしてプライベートでは、たまに趣味の旅行など行きながら家族仲良く暮らしています。

たどり着いた自分の居場所

だいぶ遠回りしましたが、さまざまな人・会社の生き方を垣間見ながら、また自分も成長できるこの仕事は、飽きることがありません。

ようやくたどり着いた自分が世の中の役に立てる居場所です。

そんな自分が役に立てるのが、「脱・ビジネス初心者」のお手伝いです。


今も、平均1日2名ほどの経営相談を受けています。
そうしたことを、これまで6年ほど続けてきました。


そして、気づいたんです。

相手は別の人でも、相談される内容はほぼ同じ。しかもそうした相談が、なんと多いことでしょう。

さらに、その内容は少し調べればわかることだったり、やってみればわかることだったりします。

みんな、すごく初歩的なことで困っている、ということです。



起業・創業を目指している方や、小さな企業経営者のうち、そうした「よくある相談」をする「ビジネス初心者」が早く次のステップに行けるように、これまでに受けた「よくある相談内容」を整理してお伝えするのが、このサイトの目的です。

身に覚えのある方、「脱・ビジネス初心者」目指して、一緒にがんばりましょう!

末長くお付き合い頂ければ幸いです、よろしくお願いいたします。


中村領(ナカムラリョウ)

 

→企業ホームページはこちら


Twitterで記事更新情報も含めてたくさん情報を流しているので、よかったらフォローしてください!

→Twitterアカウントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です